スマートフォンだとWebサイトが見にくい?スマートフォン用を用意しよう!

スマートフォンWebサイトが必要な理由

現在販売されているパソコンのモニターはさまざまなサイズがありますが、ほとんどが横幅のほうが長い16:9(4:3や16:10もある)の比率になっています。そのため、パソコン用にWebサイトを作るのなら、ある程度横幅が長いコンテンツだとしても問題にはなりません。

しかし、それを縦幅のほうが長い液晶のスマートフォンで見ると、とても見づらいWebサイトとなるでしょう。画面からはみ出してしまったり、縮小して表示することによって文字が極端に小さくなったりします。

そのため、スマートフォンでも見て欲しいのなら、縦長の画面に対応したWebサイトを作成する必要があります。難しく感じるかもしれませんが、簡単に作成する方法もあるため、利用者を増やしたいのなら、パソコンとスマートフォンの両方で快適に見られるものを作りましょう。

自動的に変換してくれるツールを使おう

スマートフォンWebサイトを簡単に作りたいなら、パソコン用に作ったものを変換してくれるツールを使えば、すぐに解決できます。数分もかからず作成が終了するので、誰でも簡単にスマートフォンWebサイトを用意できるでしょう。

後は、パソコンとスマートフォンのどちらでアクセスしたのか、自動判別できるように設定すれば、利用者の環境によって適したWebサイトに移動させられます。

ちなみに、本格的に作り込みたいのなら、HTML言語を勉強するのもよいです。プログラミングから行えば、イメージ通りの完璧なスマートフォンWebサイトを作成できます。

スマートフォンサイト制作時には、既存PCのホームページをスマホ対応のサイトに最適化できるところを選ぶと、とても効率的です。