iphoneが壊れたとき、さてどうする?iphone修理3選

正規の修理窓口でiphoneを修理する

なんと言っても、一番安心して修理を依頼できるのが、「正規の修理窓口」です。 メリットは修理後のサポートも継続できますし、下取りなども安心でしょう。長期保証に加入していれば、修理が安くなりますよ。デメリットはデータを初期化する必要があったり、修理に時間がかかったり、店舗数が少ないことですねiphoneは通常、新品購入から1年間の保証期間があり、保証期間内に普通に使用していて故障した場合は、正規の修理窓口で無償で修理・交換をしてくれます。1年を過ぎている場合は有償で修理できるところを探さないといけません。

街の修理屋さんでphoneを修理する

最近増えてきた非正規の「街の修理店」での修理も可能です。メリットは全国にお店があり、修理価格が正規の修理窓口より安く、修理の時間が早く、初期化が必須ではないことでしょう。デメリットは 正規のサポートが受けられなくなる恐れがあり、 正規品として下取りできないこともあります。

自分でphoneを修理する

自分で修理すると、さらに故障したり不具合が起きる可能性もありますし、正規のサポートが受けられなくなります。そして「電波法違反」となりますので絶対に止めましょう。iphoneの修理代が高くて修理に躊躇してしまう時や、iPhoneをかえたくない時は、思い切って「中古ショップやネットオークション」などで同じキャリアのiphoneを探して購入することをおすすめします。正規の修理窓口でiphoneを修理するよりも安い価格で購入できることもありますよ。

iphone修理を銀座でするメリットは技術力が高いことです。完ぺきではありませんが水没をしてメモリーを復旧させる技術を持っています。