壊れたiphoneを修理に出す前の扱い方の注意点

分解や修理をしないことが大切

iphoneが故障した時に、注意しなければいけないことは、自身で修理や分解をしてしまうとメーカーのサポートが受けられなくなってしまうことです。インターネット上には、iphoneの画面交換方法の解説サイト等があり、それらのサイトを見ながら自身で修理することが可能です。しかし、自分で修理する方法はサポートが受けられなくなるだけではなく、修理に失敗したときの保証が何もありません。また、素人が精密機器のiphoneを分解すると、元の状態に戻すことが出来ない場合も考えられます。

ですから、iphoneが故障したときには、まずはメーカーや専門の業者を使って修理してもらうようにしていきましょう。メーカーならほとんどの故障に対して、修理や交換対応してもらうことが出来ます。

データのバックアップをしておくこともポイント

iphone修理の際、メーカーを使って修理依頼をされる方は、その前にデータのバックアップをとっておくことが大切です。何故かと言うと、メーカーの修理では、基本的に内部のデータは全て消去されるからです。大切な写真データが残っていたり、電話帳のデータが残っていたとしても、修理に出すだけで全て無くなってしまいますので、修理前にはバックアップは必須となります。

データのバックアップ方法については、メーカーの公式サイトに載っていますので、それらの情報を元にバックアップをとっていきましょう。バックアップは、内部のデータが大量にある場合、それなりに時間がかかりますので後々困らないためにも早めにやっておくのがおすすめです。

渋谷のショップには研修場で勉強をしたスタッフが在中しているので、iphoneが故障した時はiphone修理を渋谷ですればほとんどなおります。