どんどん進化しているマーケティングオートメーションとは!?メリットとデメリット

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング活動において従来人の手で行っていたものを機械化することで、時間のかかっていた作業について自動化することを目指すことや、そのためのソフトウェアを示します。

またマーケティング施策の一つであるリードナーチャリングと相性がいいとされています。リードナーチャリングとは、メールや広告、セミナーなどで商品について丁寧に解説するといったような、検討中の顧客が購入の意思を持つようなマーケティング活動をすることです。商品解説を機械化することでよりほかのマーケティング活動に時間を割くことができるようになります。

メリットとデメリット

マーケティングオートメーションのメリットとしては、作業の効率化や人件費削減、さらには営業効果の増加が挙げられます。購入検討中の顧客へのアプローチのほか、見込み先のリストアップや営業活動後の分析などマーケティングオートメーションは様々な場面で効果を発揮します。人の手で行う場合は一人でできる作業ではない場合がほとんどであり、さらに人の手で行うよりもさらにデータ化されていて明瞭です。

デメリットはマーケティングオートメーションを取り入れるための費用が莫大であることや、企業によって効果が違うので費用に対する効果が見込めない可能性もあること、さらにはマーケティングオートメーションを使いこなしながら営業活動も理解している担当者の存在が必要不可欠であるということです。

マーケティングを自動化したシステムをマーケティングオートメーションと言い、WEBフォームの提供、メール配信、WEB解析などをしてくれます。