ストレスチェックの方法、相場

ストレスチェックを自社で行うことはもちろん可能ですが、個人情報の管理など大変な面もあり業者に委託する会社がほとんどでしょう。ストレスチェックの方法はインターネットを使用したサービスが中心です。しかし、メールアカウントを持っていない場合や、IT化が進んでいない場合などは紙面でのチェックも用意されていることが多いです。最近のストレスチェックシステムではコストがかからないサービスも存在します。コストがかからないものは、厚生労働省の提示するシンプルなストレスチェックをシステムのみで完結するものが多いでしょう。標準的なサービスを行う業者は一人1000円から1500円くらいが多いでしょう。

自社に最適なストレスチェックを

ストレスチェックの内容は、厚生労働省が標準的なストレスチェックとして示す職業性ストレス簡易調査票57項目、または新職業性ストレス簡易調査票80項目に準じたものがほとんどですから、チェック項目の内容自体には大きな違いは見られません。表現の仕方は業者によって違いますが元が同じであれば大きな違いはなく、結果も同じようなものが出ます。ストレスチェックの委託業者の選び方として、出来るだけ安いものが良い場合はインターネットのストレスチェックをおすすめします。無料のものから500円くらいのサービスのものまであります。安全面を重視する場合は、面談希望の有無の保存方法や個人情報の管理面で安心できるかどうかで選びましょう。自社の目的にマッチした最適なストレスチェックを選択しましょう。

従業員が安心して働ける環境を作るためには、ストレスチェックシステムを活用し、早めにメンタル不調に気付くことができる状態を作っておくことがおすすめです。