社会人としての成長の節目となるような研修を

新人研修は社会人になるための必須科目

企業に就職すると、ほとんどの人は新人研修を受けます。挨拶の仕方、電話の取り方、ビジネスメールの書き方、社会人としてふさわしい服装等、様々なビジネスマナーを教えられることと思います。研修を受けながら、「こんなことして何になるんだろう」、「技術に関する研修を早くしてほしい」、そんな風に思っている人もいるかも知れません。けれど、そう言った気持ちを失くすことこそが新人研修の目的でもあります。これからあなたが職場で行う行為はすべて所属している企業の一員として行うものであり、常にお金が動く行為である。そのことを各人にしっかり理解させるのが新人研修です。

後輩を引っ張っていける存在に

入社して数年経った人、あるいは転職して中途採用された人には、新卒の学生とは異なる研修が行われるかと思います。職場において後輩たちを指導・管理して行くためのリーダーを育成する研修です。リーダーと聞くと何か偉そうにしているイメージがあります。研修では、社内の規則に基づいた指示・命令の出し方などのレクチャーが中心に行われるかも知れません。けれどそれは偉そうにするための技術を研修しているのではなく、指示・命令によって後輩たちを動かすためには、彼らの気持ちになって振舞わなければならないということを教えられているのです。指示される立場から指示する立場になるために、今一度、自分たちが新人だった頃の気持ちを振り返るための時間と言えるかも知れません。

成長するために素直に

研修というと「面倒」という印象があるかも知れません。けれど、研修は社会人として自分が成長して行く節目をつける時間だと思って下さい。新人のように緊張して研修を受けることが、社会人としてのあなたの成長を促します。

社員研修には2つの種類があります。ひとつは新入社員向けや新しくその係となった時、社内規定全般や基礎を学ぶためのもの。もうひとつは既に基礎を習得した上でのスキルアップを目指すものです。