ホームページはCMS利用で簡単に作れる時代です

ホームページとWebサイトの違い

ホームページという語句は、Webサイトという語句の違いとの違いがなかなかわかりづらいもので考えかたは色々あるものです。しかし、基本的には「ホームページ」とは自分自身や小さなコミュニティー、会社の紹介を中心としたビジネスとして運営されているわけではないもののことです。対する「Webサイト」とは、逆に自分の会社の情報は会社概要の所に1ページあるだけで、例えばニュースサイトのような他社の情報を提供するようなもので、広告収入で作業・運営コストが賄われているようなもののことを言います。

ホームページは必須の時代に

芸術家などの個人から、お店・一般企業まで、ホームページというものを今まで作っていなくても、新たにホームページを作ると色々なメリットがあります。例としては、例えばお店や会社などに頻繁にかかっている問い合わせ電話が負担になっている場合があったとします。その場合はQ&Aコーナーを作っておいて、そのコーナーで問い合わせが多い疑問に対する回答を細かく記載しておくと、顧客側はそれを見て済ませてくれ、電話対応の負担が大きく軽減するような可能性があります。

ホームページ作りは素人でも簡単

2000年代前半くらいまでは、自分(自社)だけで本格的なホームページを作るのはなかなか大変な時代でした。しかし、CMS(Contents Management System)の発展と、ブログのように管理画面から誰でも簡単にデザイン選択や更新ができる高性能CMSが1000円程度で利用できる時代になりました。なので、現在では制作会社に発注しなくても自分(自社)だけで本格的なホームページを作ることが誰でも出来るようになっています。

ホームページ制作は、無料で行うこともできます。また、様々な用途に適したホームページを作ることができます。